食中毒に注意してください!| ジム・美容鍼・エステサロン・整体・整骨院はBlent(ブレント)

食中毒に注意してください!

2024年07月11日 【 未分類

食中毒

最近は雨も降って蒸し暑いですね!(;´A`)☔

 

そこで注意して欲しいことが食中毒です。⚠️

 

食中毒は、食べ物に含まれる細菌、ウイルス、毒素などが原因で起こる急性の病気です。主な症状には吐き気、腹痛、下痢、発熱などがあります。食中毒を防ぐためには、食品の適切な取り扱いと保存が重要です。

 

以下は食中毒予防のための基本的なポイントです

 

・細菌を食べ物につけない:生の食品と調理済み食品を分けて扱い、交差汚染を防ぎます。

 

・食べ物に付着した細菌を増やさない:食品を適切な温度で保存し、細菌の増殖を抑制します。

 

・食べ物や調理器具に付着した細菌をやっつける:十分に加熱調理し、調理器具は清潔に保ちます。

 

 

特に夏場や災害時には、食中毒が発生しやすい状況となるため、これらの予防策を徹底することが大切です。また、妊娠中や育児中の方は、食事にさらに注意が必要です。

 

食中毒の原因としては、以下のようなものがあります

 

 

・細菌:サルモネラ、腸管出血性大腸菌、リステリアなど

 

・ウイルス:ノロウイルス、E型肝炎ウイルス、A型肝炎ウイルス

 

・自然毒:フグの毒、貝毒、キノコの毒

 

・化学物質:ヒスタミン

 

・寄生虫:アニサキス

 

 

食中毒になった場合の対処方法は、症状の重さによって異なりますが、以下のガイドラインに従ってください

 

 

軽度の症状(軽い吐き気、腹痛がない、便が少しゆるい)の場合

 

・脱水に注意しながら経過を観察します。

 

・市販の整腸剤(ビオフェルミンやミヤリサンなど)を服用することができます。

 

・下痢止めは症状を悪化させることがあるため、安易な服用は避けましょう。

 

重度の症状や以下のような症状がある場合は、直ちに医療機関を受診してください

 

・激しい嘔吐で水も飲めない場合(脱水の危険性があります)。

 

・吐血や便に血液が混ざる場合(重大な疾患の可能性があります)。

 

・歩くと腹痛が響く、お腹を押した時よりも放した時に痛い場合(腹膜炎の可能性があります)。

 

・呼吸困難がある場合(ボツリヌス毒素やフグ毒による神経伝達障害の可能性があります)。

 

病院での治療

・問診により食中毒の原因を推測し、必要に応じて血液検査や腹部レントゲン検査が行われます。

 

・症状に応じて、抗生物質、制吐剤、整腸剤が処方されることがあります。

 

・重症の場合は入院し、禁食と点滴治療が行われることがあります。

 

食中毒は多くの場合、適切な治療により回復しますが、症状が重い場合や改善しない場合は迅速な医療対応が必要です。特に高齢者、幼児、妊婦、基礎疾患のある方は、軽度の症状でも早めに医療機関を受診することをお勧めします。

また、食中毒の症状が出た場合は、自宅での療養中にも以下の点に注意してください

 

・水分補給:下痢や嘔吐による脱水を防ぐため、水分をこまめに摂取します。電解質を含む経口補水液やスポーツドリンクが適しています。

 

・安静にする:体力を回復させるために、十分な休息を取ります。

 

・嘔吐や下痢を我慢しない:これらは体内の病原菌を排出するための生理反応です。無理に止めると症状が悪化する可能性があります。

 

食中毒は予防が重要です。食品の適切な取り扱いと保存、十分な加熱調理を心がけましょう。暑いですが、頑張って行きましょう!

パーソナルトレーニングジム Blent (ブレント)

住所:福岡県福岡市中央区高砂1-7-4-1F

TEL:092-791-5970

定休日:不定休